Tech Blog

いつもご覧いただきありがとうございます。
Braveridge “糸島工場IoT推進委員会”です。


第三弾は、《社員呼出しシステム》です。

私たちの工場での生産はとても多品種で、必要に応じてタイムリーな生産を行なっています。
よって、それなりの頻度で機種切替が発生します。
あらかじめ予備の生産ラインに次機種の生産準備を行い、作業者の皆さんに移動していただいて切替ロスを低減させていますが、生産活動の中でも様々な要因で工程が止まってしまうことがあります。
そんな時は生産管理のメンバーが対処するのですが、何らかの理由でメンバーが近くにいないとき、容易にSOSを出すことができるようにしたのが《社員呼出しシステム》です。

社員呼出しシステム.png
各生産ラインには、“材料不足”“設備トラブル”“緊急事態”を定義付けした3つのボタンBeaconを設置してあります。
IMG_3930.JPG
事態発生時にこのボタンBeaconを押すと、登録された社員のスマホへLINEにより、どの工程で、どういう理由で呼出しがあったのか!が通知される仕組みです。
更に、LINEで通知された画面を開き、対応可能な人が“対応します”という表示をタップすると、“私が対応します”が自動的に配信されるんです!
IMG_0254.PNG
《社員呼出しシステム》は、どの生産ラインが、どんな内容で呼出しされたのか、呼出しされた回数を1日間、1週間、1ヶ月単位でグラフ化したデータとして蓄積され、後の改善に活かせるようになっています。
IMG_3927.JPG
他にもいろんな用途があると思います!
ぶっ飛んだ発想だと、ペットにボタンを押すことを教えて、“散歩に行きたい”とか“ごはん”とか...(笑)
賢い犬さま、猫さまも多いですからね!!(笑)


ぜひ機会をつくって工場見学、遊びにお越しください!
工場従業員一同、お待ちしています。

次回は《勤怠管理システム》を予定しています。