設計を受託するODMだけでなく、顧客が設計されたものを製造するOEMもやっています。
これまでも何件かやらせて頂いたんですが。。。どうにも納得の行かない設計というのもあります。
時効の案件に絞って紹介しますと。。。w

《ケース1》
過電流が流れたら、全回路をOFFにするというロジックICを使った回路が付いているんです。
???と思って、顧客に「これはどうやって復帰させるんですか?」と聞けば「BLEチップ側で10秒カウントして、復帰させます!」と。。。
「スミマセン。。。BLEのチップ側の電源もOFFですよね。どうやって10秒カウントするんですか?」
顧客「試作品は、ちゃんと動いてます❗」
絶対にマトモに動く筈は無いので、回路がそもそも何処かオカシイと言う事です。しかし、頑なに大丈夫と言われるのでそのまま量産しました。
《ケース2》
「基板の検査治具は弊社(顧客側)が準備した治具で検査しろ」と命令されました。
この顧客が準備した検査治具の検査時間が【1基板当り、5分間】も掛かります。検査項目をチェックしたらどうでも良い項目までビッシリ測定している素晴らしい治具です。
しかし【1基板当りの検査時間が5分間】ですw
四則演算が出来る人ならば、当然分かると思うのですが、1時間で12枚しか検査出来ませんよね。
すると、工場稼働が6時間として、完成品の製造数は日産72台がMaxになります。
ところが、その顧客は「なぜ、こんなに生産数が少ないンだ❗

SNS SHARE